彼女への不満

彼女が自分に飽きた?倦怠期に見せる彼女の行動・特徴10パターン。

更新日:

  • 彼女が本当に自分を好きなのか分からない...
  • ん..これが倦怠期か...?

など「最近何となく彼女の様子がおかしい。。。」と疑っている方に必見の内容となっています。

自分が置かれている状況を自分で分析する事は意外と難しいですよね...

そこで今回は、倦怠期に見せる彼女の行動・特徴10パターンを厳選してみました。

どれも定番パターンばかりですので、是非自身の置かれているシチュエーションに当てはめてみてください♪

彼女が自分に飽きた?倦怠期に見せる彼女の行動・特徴10パターン。

5つ以上に該当している場合は、重度の倦怠期である可能性が高いです※

「好き」・「かっこいい」など愛情表現が無くなる。

1つ目は、「愛情表現の欠如」

・好きな人に好きと伝える。

・かっこいい人にかっこいいと伝える。etc...

これは愛情表現の基本です。

付き合い始めの頃は、自分の容姿・性格を褒めたり愛情表現を示してくれていたのに、最近は全く聞かなくなったという方は多いと思います。

これは”相手の自分への愛情レベルの低下”を明らかに意味します。

 

彼女の言葉遣いが汚くなる。

2つ目は、「言葉遣いの劣化」

言葉遣いは、相手への気遣い。

先輩に対しては敬語、大切な友達には丁寧な言葉を”無意識に選択”しているはずです。

もちろんパートナーに対しても同様の事が言えます。

相手を大事に思えば思うほど、言葉遣いは丁寧になっていきます。

なので、今自分に対する彼女の言葉遣いが下品・汚くなっている場合は、自分への愛情が薄れていると言えます。

 

喧嘩が長引くようになる。

3つ目は、「喧嘩が長引く。」

喧嘩は2人の互いの愛情の大きさが明確に現れます。

相手を大事に思えば思うほど、自分に責任を感じて謝るのが自然の流れです。

彼女が自分の事を本当に好きであれば、例え自分が悪くても仲直りを図ってくるでしょう。

なので喧嘩後に全く謝らずに喧嘩が長引く事は、”相手への愛情の薄れ”を意味している事が分かります...

 

自分の前で化粧・オシャレを頑張らなくなった。

4つ目は、「化粧・オシャレをサボる」

・相手に素を見せられるようになった。

・相手に自分をアピールする必要が無くなった。

という2パターンが考えられますが、後者の場合は自分に飽きている事を意味します。

最近自分と出かける時に、彼女が化粧・コーデに気を遣っているかをチェックしてみましょう!

 

彼女が甘えてこない。

5つ目は、「彼女が甘えてこない」

最も分かりやすい愛情表現でもある、甘え。

好きな男性には近づいて、嫌いな男性とは距離を取る。

これは”女性の本能”です。

最近明らかに距離を保たれている場合は、自分への愛情が低下している事が分かります。

 

彼女がデートを全く計画しない。

6つ目は、「彼女が2人のデートを計画しない」

以前は自分から積極的にデートを計画していた彼女が、最近全く誘ってこない...

これは自分とのデートが、

楽しいイベント⇒面倒くさいイベント

に変わっている事を意味します。

なので、彼女がデートを口にしなくなった事は自分への興味が低下したという事が分かります。

 

自分と過ごせる休日に予定を入れる事が増えた。

7つ目は、「自分にスケジュールを合わせてくれない」

急な用事であれば仕方ありませんが、意図的にその日に予定を入れているようであれば要注意です。

これは間接的に自分との時間を減らそうとしている事が分かります。

”2人のすれ違いを狙っている作戦”ですので、たまたまと思わずに自分への愛情の低下をまず疑いましょう!

 

彼女が自分の話を聞いていない・興味が無さそう。

8つ目は、「自分への興味が薄い」

・自分が何を話しても反応が無い。

・返事が一辺倒で会話が弾まない。

なども自分への愛情が低下している事が分かります。

人は自分に関連していない事でも、好きな人の話であれば積極的に自分に吸収しようという姿勢を見せます。

なので最近明らかに自分の話への食いつきが弱くなったという場合は、その分自分への愛情が減った事を意味しています。

 

連絡が返ってくるのが遅くなる。

9つ目は、「連絡が返ってくるのが遅い」

連絡の返信スピードは、相手への愛情レベルを意味します。

元々連絡を返すのが遅いタイプであれば、気にする必要はありません。

しかし以前は返信スピードが速かったのに、最近明らかに返信スピードが遅くなったという場合は要注意です...

これは相手から面倒くさがられている証拠ですので、自分への愛情が低下している事が分かります。

 

自分に対して嫉妬が無くなる。

10個目は、「自分への嫉妬の欠如」

以前は女性のいる食事・飲み会に行こうとすると、しつこく連絡をしてきた彼女も今では無関心...

など自分に対する嫉妬が無くなった事も”愛情の劣化”を意味します。

自分の好きな相手に対しては支配欲がありますが、自分が好きでない相手であれば束縛しようとは思いません。

束縛されなくなった事に喜んでいる方もおられるかと思いますが、これは危機的状況であるという事を覚えておいて下さい!

 

彼女がもう冷め切っているなら、今付き合っている時間は”ただの無駄”

2,3個の該当であれば、まだ修復の余地はありますが5つ以上該当している場合は、重度の倦怠期である可能性が高いです。

それは”相手の自分への愛情が冷め切っている”事を意味します。

本来、相手が自分を本当に好きであれば、飽きを感じないためにもっと相手を大事にしようと考えます。

しかしすでにそれだけ態度に現れているという事は、相手の自分への恋愛感情はゼロに近い物である事が分かります...

このままでも付き合い続ける事は出来ますが、いわゆる「仮面カップル」という関係が成立していくでしょう。

一度きりの人生、自分への愛情が無い相手と付き合っている時間は”ただの無駄”です。

モヤモヤしているのであれば、今の相手とはキッパリ別れて、本当に自分を愛してくれる相手を探す事をおすすめします。

別れ方
【彼女と別れたい男子必見】”最短”での彼女との別れ方を1から簡単解説。

「”最短”での彼女との別れ方」を1から出来るだけ端的にまとめてみました。 長々と恋愛論などを語るつもりはないので、”今すぐ”彼女と別れたいという方は是非参考にしてみて下さい♪ ~本記事の概要~【彼女と ...

付き合い方
【彼女が欲しい男子必見】”最短”での彼女の作り方を1から簡単解説。

「”最短”での彼女の作り方」を1から出来るだけ端的にまとめてみました。 長々と恋愛論などを語るつもりはないので、”今すぐ”彼女を作りたいという方は是非参考にしてみて下さい♪ ~本記事の概要~【彼女が欲 ...

 

まとめ

以上が、倦怠期に見せる彼女の行動・特徴10パターンになります。

最後にも述べた通り、彼女の自分への愛情が冷め切っている場合”2人の関係はすでに破綻している”と言えます。

今の関係性が我慢出来ないという方は、キッパリ今の彼女を諦めて次の恋に進むのもアリですよ♪

一度きりの人生、互いに心から愛し合える理想の恋愛を目指していきましょう!

本記事が皆さんの参考になれば嬉しいです。

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂き、ありがとうございます。

-彼女への不満

Copyright© 迷走恋愛男子.com , 2019 All Rights Reserved.